昭和23年に当初「知事に知恵を貸す会」として話が始まり、昭和24年1月に群馬大同銀行(のちの群馬銀行)東京支店にて設立総会を議長 膳桂之助氏のもと開催し、発足となりました。
その後群馬県を郷土とする人々の懇親と群馬県関係先への援助、上毛学舎に就職の手伝いなど多方面に活躍し輪を広げています。

主な草創期メンバー 正田 貞一郎 元 貴族院議員 元日清製粉(株)会長
  佐々木 四郎 元 三井不動産(株)社長 元 三井建設工業(株)社長
  大塚 浩一 元(株)資生堂 常務取締役
  土岐 章 元 沼田藩主 元 貴族院議員
  秋元 順朝 元 埼玉銀行 頭取
  横山 太喜夫 元 日本銀行 元 群馬銀行 頭取
  籠島 忠作 元(株)新進 社長
  山崎 種二 元 山種証券(株)、元 山種物産(株)等 創業
  木暮 武太夫 元 衆議院議員を7期、元 参議院議員を2期 元 運輸大臣
  膳 桂之助 元 参議院議員 元 国務大臣 元 日本団体生命保険社長

現在の会員は、群馬県に縁があり首都圏で活躍されている、経済、産業、文化、行政などに関係する在京の方々と群馬県を地盤として活躍されている群馬地区の方々で構成され、 何よりも群馬県を愛し、地域産業、経済、社会、文化、教育などの発展に寄与すべく活動しております。

新年明けましておめでとうございます。新しい年をお元気で迎えになった事と推察いたします。
令和2年度を振り返りますと,2月に中国から始まった新型コロナウイルス感染症が全世界に瞬く間に広がり,国内では突然の首相交代,米国での超過激な大統領選挙とその後の混乱等々,内外ともにビックニュースが飛び交った1年で,予断を許さない新年の幕明けとなりました。そしてコロナウイルスは未だ治まらず,米国,欧州を始め日本でも冬を迎えた今,第2波,第3波が猛威を奮っています。
私ども上毛倶楽部も,コロナの影響で講演会・名刺交換会を始め観劇会,大使館訪問,忘年会,新年会,定期常任理事会等が開催出来なかった1年でした。そうした中,米国,英国始め各国でワクチンや治療薬の開発が進められ,新年前半には多くの人々に届けられる見通しが伝えられています。しかし,コロナウイルスの正体は不明な部分が多く,いまだ今後の見通しは不確実です。どうぞ皆様におかれましては,絶対にコロナウイルスに罹患しないよう各自が万全の予防策を講じて新年を迎えていただきたいと存じます。
令和3年は,1日も早くコロナウイルスを克服して通常の平穏な暮らしを取り戻したいものです。上毛倶楽部として,新しい年は例年通り講演会・名刺交換会,観劇会,大使館訪問,ゴルフ会,芸術活動,会員交流事業等を積極的に進めてゆきたいと考えています。
私事ですが,昨年9月,山本一太知事の指名により,群馬県公安委員会委員を拝命いたしました。群馬県民の立場から県民の人権と生活を守り,社会の安全を維持する警察活動を支えてまいりたいと考えております。
新年も役員一同力を合わせて上毛倶楽部の組織ならびに活動の充実のため努力してまいりますので,ご支援・ご協力のほどよろしくお願いいたします。
おわりに,新年が皆様にとりまして平安な年でありますよう祈念申し上げ新年のご挨拶といたします。