昭和23年に当初「知事に知恵を貸す会」として話が始まり、昭和24年1月に群馬大同銀行(のちの群馬銀行)東京支店にて設立総会を議長 膳桂之助氏のもと開催し、発足となりました。
その後群馬県を郷土とする人々の懇親と群馬県関係先への援助、上毛学舎に就職の手伝いなど多方面に活躍し輪を広げています。

主な草創期メンバー 正田 貞一郎 元 貴族院議員 元日清製粉(株)会長
  佐々木 四郎 元 三井不動産(株)社長 元 三井建設工業(株)社長
  大塚 浩一 元(株)資生堂 常務取締役
  土岐 章 元 沼田藩主 元 貴族院議員
  秋元 順朝 元 埼玉銀行 頭取
  横山 太喜夫 元 日本銀行 元 群馬銀行 頭取
  籠島 忠作 元(株)新進 社長
  山崎 種二 元 山種証券(株)、元 山種物産(株)等 創業
  木暮 武太夫 元 衆議院議員を7期、元 参議院議員を2期 元 運輸大臣
  膳 桂之助 元 参議院議員 元 国務大臣 元 日本団体生命保険社長

現在の会員は、群馬県に縁があり首都圏で活躍されている、経済、産業、文化、行政などに関係する在京の方々と群馬県を地盤として活躍されている群馬地区の方々で構成され、 何よりも群馬県を愛し、地域産業、経済、社会、文化、教育などの発展に寄与すべく活動しております。

上毛倶楽部は、今年創立70周年を迎えます。昭和24年1月30日、群馬県出身所縁の各界の有力者150名が群馬銀行東京支店会議室に結集して発足しました。前年に初の群馬県出身の民選知事伊能芳雄が誕生したことを受け、群馬県政を応援するために創立されました。
 以来、本倶楽部は、昭和24年から昭和64年平成に至るまでの40年間、戦後敗戦の焦土からの復興と高度経済成長時代を経て、その後の平成30年間は、世界も日本も国家社会経済が激しく揺れ動いた時代をそれぞれ乗り越えて、創立70年の今に至りました。
 この間を振り返りますと、人の考え、社会の在り方、生起する事件の様相まで時代と共に著しく変動し、人の考えや世の仕組みがそれに追いつかない事象が多発し、今日、それへの対応が求められています。
 いずれにしても、この春に迎える新元号の幕開けにより、平成の時代に多発した災害が鎮まり、平和で穏やかな時代が訪れることをまずは願わざるを得ません。
 本倶楽部は、今はなき多くの有力先人により創られ、会員の交流、親睦の場から、研修や見学、さらには郷土発展のために、その活動分野を広げてまいりました。今後の本倶楽部の存続と発展のため、平成30年度は新人会員30余名にご入会いただきました。本年は新会員募集と共に会員各位が共に喜んでいただける諸事業の企画実施に向けて、役員一同鋭意取り組んでまいります。